昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色ガラスの誘惑

復活宣言をしながら早くも半休止状態となっておりますが、ご容赦下さい。
それには一応理由がございまして、実はいま、管理人の頭の中は9割がた「色ガラス」のことで一杯なのです。

我が家では昨年来、リフォームの計画が持ち上がっておりまして、家族の間でどういう家にするかを長らく話し合ってきました。それぞれに求める方向性が異なりますので、ときには意見の対立もあったのですが、住宅エコポイントの恩恵も受けたいし、何より大幅に直さないと今後の生活に支障をきたすということで、新たな間取りなどで議論を重ね、ようやく実施することが決まりました。

衣食住全般にわたってレトロをこよなく愛する管理人としては、このリフォームは念願を成就する唯一無二の機会です。ここで意見表明をしないわけには参りません。

「要所に色ガラスを用いた家にしたい」

戦前の洋館の如き雰囲気に少しでも近づけたいと、いたって真剣に主張したのですが、管理人以外は実用性を重視していて、居住性を高めることに予算を掛けたい方針なので、当然反対に遭いました(まぁ普通はそうだろうと思います)。甚だ酔狂だと自覚はしていますが、簡単に折れるわけにはいきません。粘り強く交渉した結果、最後は理解を示してくれて、「ガラスを自分のお金で手当てするのなら認める」ということに。それで、この数カ月の間、少ない蓄えから昔のガラスを集めることに奔走していたのでした。

本当は壁面や窓に小川三知のような作風のステンドグラスの大作をあしらいたいところなのですが、アンティークを購入するにしても作家さんに注文するにしても、予算が全然足りないので断念。比較的低予算で実現でき、施工も容易なドアを中心にプランを練ることにしました。はじめはアンティークのドアを購入して取り付けるつもりだったのですが、新築ならともかくリフォームですので、現状の開口部にぴったり合うものを探すのは極めて難しい。まず無理です。「だったら古いガラスを使って合うドアをつくろう」と、板ガラスや小ぶりのステンドグラスを集めることにしました。

収集したガラスを紹介します。

青柄ガラス緑柄ガラス無色柄ガラス
これらはプレスで模様の入った色ガラスの板。一番右のは同柄の無色ですが、実物はうっすら水色がかっています。

赤透過ガラス青透過ガラス
この2種類は無地の色ガラス板。どちらも窓として使われていたものを建具の状態で購入しました。残念ながら、窓のままだと使い道がないので、分解してガラスだけ再利用します。

ダイヤガラスモールガラス
どちらもレトロ板ガラスの代表格。左がダイヤガラス。右がモールガラス。管理人はダイヤガラスが大好きです。

ステンドグラス1ステンドグラス2
頑張ってステンドグラスも手に入れました。左は現代のものですが、アールデコな雰囲気とたくさん色が入っているところが気に入っています。右は正真正銘の国産アンティーク。上部の花のデザインと琥珀色のダイヤガラスがポイントです。

ステンドグラス3ステンドグラス4
ペアのステンドグラスで100年くらい前の英国製。ガラスが厚くしっかりした造り。一対のドアに使います。

色ガラス建具
これは3色の色ガラスを使った建具。冒頭に紹介したプレスガラスと同じガラスが使われています。画像では小ぶりに見えるかもしれませんが、幅が1.3メートルもあります。少し傷んでいるので修理が必要です。階段の踊り場の壁面に入れ込む予定。きっと日光を透過して、きれいなことでしょう。

色ガラス欄間
窓として利用されていた建具ですが、わが家では居間のドアの上の欄間になってもらいます。

完成予想図
これらのガラスを使ったドアの完成予想図はこんな感じです。画像加工ソフトを使って、管理人が自分でデザインしてみました。ノブや引手は真鍮で統一してクラシックな感じを出すつもり。今から完成が楽しみです。イメージ通りに仕上がるといいな。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

>山田屋さん
ご報告ありがとうございました。
昨日をもって閉店したようです。また老舗の味が消えてしまいました。
残念です。

こんばんは。
末広町。
うなぎ「丸啓」
今月末で閉店です。

あー!!

鍵コメ様
大ヒントいただいて、やっと分かりました。あーびっくりした。本当に。
あまりに近すぎて分からなかった。というか、見ていただいてると思わなかったし、コメントを寄せていただけるとはさらに想定外でした。何だかうれしいような、ちょっと恥ずかしいような(笑)
いずれにせよ、ありがとうございます。ご意見など御座いましたら、あとでぜひ聞かせて下さいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

でしさん、どうもです^^
途中経過もupしていく予定なので、お楽しみに。

いいな~

アンテナ張って
見に行こうっと^^

ありがとうございます^^
色ガラスが題材なので、実はneonさんからコメントいただけたら嬉しいなと思ってました。
ええ、今から完成がとても楽しみです。思い通りに仕上がるといいなぁと…。ただ、リフォーム後は調度品もこの雰囲気に合わせたものにしないとちぐはぐな感じになってしまうと思われますので、意外と細かなところまでお金が掛かりそうです(汗)
neonさんの入手なさった色ガラスは何だか物語がありそうですね~。今度お話しを伺うのを楽しみにしています。

すごーい!

わ~素晴らしいですね。
これはお楽しみでしょう!完成がさぞや待たれることでしょうね。
ダイヤガラスは、私も好き以上のものがあります。
そして・・・私もこの夏、とある色ガラスを手に入れたのです。
あまり声高に言えないのですが。。。今度お目にかかったらお話します!

凡苦楽庵さん
ありがとうございます^^
近々工事が始まります。こうした建具の類は全体の工程の中では決してメインではないのでしょうから、しばらく後になるんだろうと思います(現にイメージ図は渡してあるけれど現時点でまだ何の打ち合わせもなし)が、進行状況は拙ブログでも紹介して行こうかな、と考えています。
いまの気持ちは楽しみだったり、加工をお願いするものは予備のガラスが少ないのでちょっと不安だったり、という感じです。

素晴らしい!

いやー素晴らしいですね!
リフォーム、完成が楽しみですね。完成しましたら、こちらで紹介して下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/315-d1d4c082

-

管理人の承認後に表示されます

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。