昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青切子の鉢と水差し

切子鉢と水差し

きょう7月5日は今年から、「江戸切子の日」に制定されました。東京カットグラス工業協同組合が切子を広く知ってほしいと定めたのだとか。切子の典型的な模様のひとつ「魚子(ななこ)」にちなんで、この日にしたのだそうです。東京都中小企業団体中央会のホームページに説明がありました。管理人が切子ファンでもある拙ブログでも、便乗して手持ちを紹介します。青い鉢と水差しです。

青切子鉢1青切子鉢2

鉢のカットが実に凝っています。籠目紋が施されていますので、多分江戸切子でしょう。

青切子水差し

水差しの方は樹脂製の取っ手がついた懐かしい感じのもの。こちらはシンプルなカットですが、美しいです。どちらも戦後のものであるのは間違いなく、あまり時代はなさそうです。

このところ、急に暑くなって参りました。涼しげな切子ガラスの器たちが大活躍してくれる季節がやって来ます。
スポンサーサイト

コメント

それがですね

>neonさん
大変なご無沙汰で、本当に失礼しております。
たしかに、切子の中でも青色は涼しそうという点では格別ですね。写真を撮っていて、そう思いました。
二品のうち、特に鉢物の細工は凝っていて、海外でつくられた新物でないのは明らかなんですが、実はこの鉢も水差しも、とてもお値ごろに入手したのです。私のコレクションのほとんどがそういうものです。元手が少ないので(笑)、いかにお安く、好いものを見つけるかに楽しみを見出しています。

興味深々

>ひろぽんさん
こちらこそご無沙汰しております。
見捨てないでいただいて、ありがとうございます(笑)
はい、これらは私のガラスコレクションの一部でございます。
ただ、切子は東南アジアや中国製の偽物も多く出回っていて、怖いのであまり手を出さないようにしようと最近思っております。山形ラーメン、おいしそう!興味深々です。

あら~きれい

素敵ですね~!青い色はやはり涼しげです。
これはかなりの高価な品では?
細工が細かくて、技術的にも高そうです。
こんな器や水差しが食卓に出てきたら・・・思わず声が出そう。。。

ご無沙汰しております!

これは銀ねずみさん所有の切子なんですか?
素晴らしいものをお持ちなんですね~
夏はこんな水差しでそそいだ冷たい水を飲めば
あっという間に涼しくなりそうな気がします♪

最近は蕎麦ばかりでなく山形のラーメンを
食べ歩いています、ますます血圧が上がって
きて、しかも太っていきそうです(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/303-7ef655ed

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。