昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城食堂が閉店

赤城食堂閉店1

帯ラーメンが名物で、卵カツ丼も秀逸だった赤城食堂が閉店しました。

赤城食堂閉店2

閉店を告げる手書きの貼り紙がひっそりと張られていて、寂しいです。
尚、帯ラーメンは地元のいくつかのラーメン店でも取り扱っていて、食べることができます。
スポンサーサイト

コメント

萬福食堂

>でしさん
萬福食堂は建て直す前だったら、間違えなくレトロ食堂だったんですけどね(笑) 未来のレトロ食堂を目指して、末永く営業してほしいものです。

未来のレトロ食堂

萬福食堂ごひいきに!
あと20年はやれよって店主に言っときますんで^^
73歳までは いきるんべ 浅野のゆうちゃん!

ご無沙汰でした

>源公さん
しばらくの間、更新をさぼっておりまして、すみませんでした。
金釜と赤城食堂だけでなく、近くアップしますが、実は別のレトロ食堂も閉店しております。多くの店で跡継ぎがいないのが現状ですので、残念ながらこの流れが止まることはないでしょう。
仰るように、店がなくなる前に、「行けるときに行っておく」姿勢が大切と思います。急に閉店したりしますので…。
番付、興味深く拝見しました。萬福食堂はたまに行くのですが、萬福丼は食べたことなかったです。あることすら知らなかった(笑)今度、試してみます。
遊民舎はなるほど、あそこも「新しいレトロ食堂」ですね!
本町五丁目にある姉妹店は別の意味でグットです。これも後日アップしますが、管理人の趣味とぴたりと合って…。

失礼しました。

名乗るのを忘れました。以下のコメントは源公が書かせて頂きました。

ついでにこの場をお借りして、私が後世までに生き続けて欲しいと願っている桐生のレトロ食堂ベスト3をご紹介申し上げます。

1位 立田野食堂
2位 五十番
3位 仲よし
4位 遊民舎
5位 萬福食堂(桐生タイムス北。雰囲気的にレトロではありませんが、店の名前を取った「萬福丼(えびフライとヒレカツ)」の海老は大振りで食べ応えがあります(830円だったかな?)。

大ショック!!

ご無沙汰です。
いつか意気込んで行こうかと思って向かいましたが生憎店休日でした。
その後アバンセで買い物に行った時など、いつか寄りたいなと思っていたりなんかしてたら何と閉店ですか!金釜も同じくです。まことに悔やまれます。
もうこれ以上閉店の話には出くわしたくないといった感じですが、これを機に大いに反省し、気になったら是が非でも足を運ぶよう心がける次第です。
 立田野食堂はだいじょうぶですよねぇ・・・最近、店の駐車場設けたことですし。

最近知った店ですが、本町一丁目に「遊民舎」という食堂を見つけました。建物は100年以上前の機屋の帳場を用い、群大生御用達ということで値段も破格でした。あの界隈に相応しい佇まいのイチオシの店だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/302-5b435b5b

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。