昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩訶不思議なり

これなあんだ?

とっても不思議なものを見つけました。

「タ。」

はてはて、これなぁーんだ?


おもしろマークの蔵

正解は、土蔵の紋でした。何故に「タ。」なのかは、判りません。不思議は不思議のままで、謎は深まるばかりです。


みどり市東町小夜戸
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

ごあいさつ遅れてすみません。
管理人の銀ねずみと申します。拙ブログをご覧いただきまして、大変ありがとうございます。ゑびす食堂のお近くにお住いですか!羨ましいです。お店の方に直接伺ったことはありませんが、後継者は残念ながらいないと思われます。あの店の雰囲気と味をぜひ引き継いでいってほしいのですが…。最近、前橋方面に出向く機会がなくて、そちらのレトロ食堂をなかなか探訪できません。今後とも拙ブログをよろしくお願いいたします。

感動しました。

クラシックカーで検索してたら偶然ここへたどり着きました。
で、全てが感動的なネタでして、もう一気に全部のページを読破してしまいました!実は高校生まではずっと桐生っ子でして(実家はまだ堤町)小・中学は東でした。だから「べにや」の閉店にはがっかりで「仲よし」が営業しているのにはびっくりです。「べにや」のラーメンとおにぎりに付いていた佃煮がもう食べられないとは。。。高校生で「五十番」の虜になってあの緑色っぽいカレーや蓋が閉まらないほどの大盛りカツどん食いまくってました。高砂屋のカキ氷と焼きそばも懐かしいです。近いうちに時間を取って桐生をなつかし探索してみます!今は前橋に住んでいまして、えびす食堂へは徒歩圏内です。たしかに前橋のキングオブレトロ食堂ですね。味もぶれてない!後継者がいるのか心配です。大手町界隈は裏道を探索するとレトロな建物達がまだまだ健在です。ポンチのある弁天通りも宝庫です。呑竜仲見世(呑竜マーケット)も時間が止まっているようでやばいっす。でも。。。やっぱ桐生には負けますよね。
とにかく素敵なブログありがとうございます。これからも遊びに来ます!

でしょ~!!

>カークさん
でしょ、でしょ。
見つけたときはびっくり…というよりも唖然、という感じでした。
なんだあ、こりゃあと(笑)
中にはきっと、大判小判がざっくざくですよ!!
…って、さすがにそんなことはないか。でも、思いもかけないお宝があったりして。

初めて見ました

う~ん、不思議ですね、金貯まるかな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/298-8d3e0f8f

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。