昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイガー食堂(東京都中央区)

タイガー食堂外観

東京はその過密さゆえに土地の高度利用が避けて通れません。地価が上昇局面を迎えるたびに、味のあるまち並みが削られていくのは宿命ともいえます。特に銀座は商業地として超一等地であり、きらびやかな店であふれ返っていますが、その中に混じって奇跡のような存在があります。このタイガー食堂です。

タイガー食堂側面

ビルばかりの銀座にあって、低層2階のタイル張りのレトロな建物は非常に目を引きます。特異ですらあります。ただ「タイガー食堂」とだけ記されたごくシンプルな看板からも威風堂々の存在感が伝わってきます。

タイガー食堂自転車

何と、店前に置かれた自転車までが昭和。徹底しています。

タイガー食堂店内全景

食事の後、無理を承知で写真撮影を願い出たところ、ご主人と奥様から快くご承諾を頂きました。御覧の通り、実に素晴らしいです。いい意味で銀座らしさがありません。窓の内と外とで別世界のような違いです。

タイガー食堂店内2

品書きはもちろんレトロ食堂の基本である手書き。何とも味わい深いです。

タイガー食堂店内1

天井に備え付けられた大きなファンが店の雰囲気を高めています。

タイガー食堂店内4

素朴な照明の光とほど良い暗さもまた、店の雰囲気にぴたりと調和しています。

タイガー食堂店内3

もちろん、食事のメニューそのものも魅力的。日替わりランチは安くてボリューム満点。管理人がお伺いしたときは、メンチカツ2個とアジフライ、それに具だくさんの味噌汁やサラダがついて、たったの680円でした。高級店の並ぶ銀座には他にいくらでもおいしいものはあるでしょうし、お金を積めばどんなぜいたくもできるでしょう。ですが、都心の激動を乗り越えてきたこの店の雰囲気とともに味わう料理は、決して他所が真似することはできません。これからも末長く営業が続くことを願っています。

タイガー食堂
東京都中央区銀座一丁目15-12<地図>
スポンサーサイト

コメント

>まrさん
先日東京に用事があり、昼食を取ろうと立ち寄ったところ、閉店していて衝撃を受けました。本当に残念です…

どうやら

先月なかばに閉店されたようです。
ちょうどこの辺りに用事があって前を通ったところ、その旨の貼り紙が出ておりました。
残念です。

もしかして…

>横山剣さん
えっと、文体からすると「弟子さん」のような気がするのですが…。もしそうでしたら、お久しぶりです。違っていましたら、すみません。はじめまして。いずれにせよ、お褒めいただいて光栄です。
でも私、『タイガー&ドラゴン』は存じ上げないです^^; 検索して調べてみます^^A

グッド ジョブ

暇があったら『タイガ-&ドラゴン』も聴いてね!^^

えへへ…

お褒めのお言葉、ありがとうございます^^
まあ、でも最近、レトロ食堂管理人でありながら、食堂ネタのUPが少ない、というか更新自体が滞りがちなのでちょっと恥ずかしいです…。
一度行かれてみてください。「昨年、着物を着た女性と3人でお店を見せて頂いた者です」とお話したら、私たちのことを覚えておいででしたよ。

>ついに行かれましたね~!我々近くの人間より、さすがレトロ食堂管理人、フットワークが軽いです!
中も好い感じなんですね。銀座もワタシが学生だった頃には、この付近に梅むらというレトロ甘味処もありました。もうこういうお店は希少ですよね。ワタシも是非今度は入ってみよう。。。

はい~

>カークさん
はい、満喫して参りました^^
カークさんの先を越す形になってしまい、何だかすみません。
ちょうど東京に出張ったとき、昼時に時間が空いたもので、すかさず行って参りました。念願を果たせて大満足です。
今度、ぜひご一緒いたしましょう。

おお~!

いいですね~、食事もされたんですね、至福の時間を過ごされた
雰囲気が伝わってきますよ~。

僕も何度か前を通っているのですがタイミングが悪いのか
いつも準備中の時で、それでまた出直そうとなかなか写真が撮れません。
そして、アジフライ、食べてみたいです

ここの奥様もマスターもすてきな人たちですね。
本当にいつまでも続いてほしいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/289-25ba99b1

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。