昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父鉄道・パレオエクスプレス号

パレオエクスプレス号

埼玉県のローカル線、秩父鉄道では土日や祝日にSLが運行します。「パレオエクスプレス号」と名付けられた蒸気機関車はC58。熊谷駅から長瀞、秩父などを経由し、三峰口まで往復します。1987年から運行を開始し、今年2007年で20周年の節目を迎えたそうです。喜ばしいことですね。

黒光りする勇壮な姿とノスタルジーあふれる汽笛、走行中に聞こえる水蒸気のリズミカルな音がたまらず旅情を高めてくれます。車内販売では「SL弁当」やパレオ号のグッズ、地元の牧場でつくられたおいしいアイスクリームなど魅力的なアイテムが売られています。

機関車風リアカー

熊谷駅でSLの到着を待っているときに面白いものを見つけました。機関車に積み込む車内販売用の荷物を運ぶリアカーがSLを模しているのです。パレオ号の型番と同じ「C58 363」のプレートが取り付けてあり、乗客たちから注目を集めていました。

SLは指定席と自由席があり、指定席はみどりの窓口などJRでのみ購入できます。指定席の席数は少ないです。自由席はJRと秩父鉄道の両方で買えますが、こちらは秩父鉄道の方がたくさん枠があります。電話予約も可能です。

予約についての詳細は秩父鉄道のホームページをご覧下さい。

レトロ食堂の王様パリー食堂の最寄り駅である御花畑駅にはこの機関車が停車します。ぜひSLに乗ってお出掛け下さい。楽しいですよ。
スポンサーサイト

コメント

あついまち

>でしさん
熊谷はこの夏、日本最高タイの気温を記録して「暑いぞ!熊谷」の面目躍如でしたね。
今年は売り出し中の「雪くま」をぜひ食べたかったのですが、都合がつかなくて行かれませんでした。来年こそ、と思ってます。

富岡清クンの代理

埼玉県北をPRしていだきまことにありがとうございます。
地球温暖化が世界的な問題ですが、我が町熊谷は引き続き
あついぞ熊谷でまいりますのでよろしくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/267-b4a5fe34

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。