昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タテモノのカタチ展

タテモノのカタチ展1

ブログを通じて友達付き合いさせていただいている画家のneonさんの作品が東京・銀座のギャラリーツープラスで開催中の「タテモノのカタチ展」で展示されており、足を運んだ。

タテモノのカタチ展2

neonさんの作品は線も画の構成も、色使いも好きなのだが、何より素晴らしいのは、どの作品からも対象となっている建物やまち並みへの愛情が伝わってくるところだ。寒色を使っていても温かみが感じられ、見ているこちら側の気持ちまであったかくなってくる。

タテモノのカタチ展

同展はneonさんとオーライタローさん、岡本雄司さん、小島満寿子さんの4人による合同展で、用いる画材も作風もそれぞれに個性豊か。各所のレトロな建築物を描かれているオーライタローさんの作品の中には、管理人も大好きなパリー食堂を描いたものもあって、うれしくなった。

タテモノのカタチ展4

会場ではneonさんが着物姿で出迎えて下さったほか、かねてよりブログを通じてやり取りをさせていただいていたkaoru photo...2のカークさんとも初めてお会いすることができ、とても有意義なひとときになった。

タテモノのカタチ展は20日まで。ご興味のある方はぜひお出掛けになってみて下さい。詳しくはneonさんのブログN的画譚もしくは公式ウェブサイトNeonticaをご覧下さい。
スポンサーサイト

コメント

これからも宜しくお願いします。

>カークさん
私の方こそ、お会いできて光栄でした。
ライカを首から下げたカークさんはとっても渋かったです。
ぜひぜひ、凸凹3人組もとい三羽鴉?の皆様で桐生にお越しくださいね。
タイガー食堂の話題がカークさんのブログに載るのを、楽しみにしてますね。私もあの佇まいに惚れました。いつか行ってみようと思います。
これからも宜しくお願いいたします。

こちらこそ

>neonさん
こちらこそ、本当にありがとうございました。
実に実に愉しい時間でありました。何とか会期中にご紹介することができ、後は一人でも二人でも足を運んで下さる方がいれば、と思っております。何ともいえず綺麗な青色のお着物、とってもお似合いでしたよ。

北千住の方はぎりぎり明るいうちに間に合いました。地図を持っていったのに、方向音痴ぶりを見事に発揮し、少々迷いましたがたどり着けました。秩父絡まりの紹介を終えた後、アップしたいと思います。

感激しております

銀ねずみさん 昨日はneonさんと二タスさんのおかげで、
まさにグッドタイミングでお会いすることができありがとうございました。
今度はぜひとも桐生を訪れてみたくなりました。

不思議なアメ車のおじさんが現れたタイガー食堂は今度覗いてみますね、
これを機会によろしくお願いいたします。

ありがとうございます!

銀ねずみさん
昨日はお仕事のおついでがあったとは言え、わざわざ画廊にお寄り頂きありがとうございました。ほんとに愉しい時間を過ごさせていただきました。
そして、お疲れでしたでしょうに、早速にこのような記事を書いていただき、もう何と御礼を言ったらいいのか。心からうれしく、感謝感謝です。
タイミングよくカークさんにお引き合わせできて、またひときわ盛り上がり、こうした出会いは、何よりも人生の宝物になるなぁと感激しています。

北千住の方は如何でしたでしょう?間に合いましたか?
パリー食堂のほうもすごいですね!そっちもコメントしちゃいます。
ほんとにありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/266-bbdcd8bc

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。