昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコール(宮崎県)

スコ-ル

宮崎県都城市にある南日本酪農協同株式会社の看板商品です。
「協同株式会社」とは変な名前ですが、公式ホームページを見ると理由が分かります。宮崎県南部酪農協同組合と鹿児島県酪農業協同組合の二つの農協が出資してできた会社なのだそうです。この会社の牛乳のブランド名は「デーリィ牛乳」。仮名遣いがローカルっぽくていいです。

スコール2

「スコール」はカルピスソーダのような乳酸系の清涼飲料。強炭酸ですが、飲んだ後に口の中に変な甘みや粘り気は残らず、さっぱりとした味わいです。サブタイトルは何と「愛のスコール」だそうで、ペットボトルにも印刷されています。ホームページの社歴欄によると、発売は昭和47年。関西や中京地区でも売り出すなど販売エリアは九州に留まらず、広いようです。250ミリ缶から1.5リットル入りのペットボトル、さらに復刻版の瓶入りなどさまざまなバリエーションがあるようです。

それにしてもこの会社、社歴欄が実に面白い。特に「昭和49年。牛乳から肉様の食感をもった新しい食品素材を開発し、ミルクミートと命名。NHK・民放などテレビや新聞で報道」にはびっくり。およそ農協出資の企業らしくないチャレンジャー精神を感じます。「ミルクミート」ってどんな食べ物だったんでしょうね。興味津々です。 このところ体調がすぐれず、なかなか更新ができずに見に来て下さっているみなさまには申し訳ありません。元の調子で再び更新ができるよう頑張りたいと思いますが、少しの間、ご容赦下さい。
スポンサーサイト

コメント

スコール

>ウシ君さん
そのスコールはこのスコールとは違うものなんでしょうか?
同じ名前で味も似たような別のもの…、というのはあんまりないような気がしますが、どうなんでしょう?
天下の帝国ホテルとローカルなミネラルウオーターという組み合わせが何だか面白いですね。そして、帝国ホテルのような場所で挙式というのも、また凄いですね。

以前飲んだような

銀ねずみさん、こんにちわ。

いつまでたっても暑いので、参りますね~。
スコールって名前のカルピスソーダっぽい飲み物、
以前何回か飲んだような気がするんですが、
心当たりありませんか・・・、気になります。
別メーカーでも、名前、味とも、似てるのがあるのかな?。

飲料絡みで話が少しずれますが、先日
帝国ホテルの結婚式に呼ばれて行って来たんですが、
そこのミネラルウォーターが地域物でした。
富士ミネラルウォーターと言い、富士吉田産。
やや大きめの瓶とラベルもレトロで、
日本一古いミネラルウォーターと聞いてきました。
さすがに歴史と拘りのある、ホテルなんですね。

ありがとうございます

>neonさん
スコールはカルピスソーダととく似ていますが、色合いは白っぽさが強くてより牛乳らしく、味わいはシンプルな感じです。
ご心配いただき、ありがとうございます。そうですね、少し疲れたみたいです。まあ、もう少ししたら多分回復すると思いますので、ちょっとだけ、お待ち下さいませ。

またまた!

どうも先にグラスに目がいってしまうワタシです。
でもこのスコールは美味しそう。カルピスソーダ大好きですし、何となくちょっと大人の味かな?と思わせるものがありますね~。
お身体お大事になさって下さい。お忙しすぎているのではないでしょうか?
ご回復気長に待っておりますから、ご無理なさらずに。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/262-d73d6215

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。