昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地サイダーのガイドブック

地サイダー1

地ビールならぬ「地サイダー」の人気が高まっているのだそうです。
昔は地方ごとに小さな飲料メーカーがありました。個々に細々と生産を続けていたサイダーが昨今の昭和レトロブームもあって見直され、復刻も相次いでいるとのこと。8月初旬の読売新聞で特集記事が組まれ、業界団体の全国清涼飲料工業会が非売品のガイドブックを作成し、先着2000人に配布中だと記されていました。「これは絶対ほしい」と申し込んだのですが、音沙汰がなく、間に合わなかったかと諦めていたところに届きました。

地サイダー2

冊子のタイトルは「わが町の自慢 地サイダー&地ドリンク」。全国各地の38銘柄が載っています。どれも大変興味深いのですが、特においしそうなのが、岩手県のマスカットサイダーと山形県のパインサイダー。殊にパインサイダーは昭和20年代からつくり続けられていて、地元ではすっかり定着している飲み物なのだそうです。
ほかにも東京都のトーキョーサイダーや長崎県のバンザイサイダーなど、最近復刻されたり、新たに開発された商品も紹介されています。

地サイダー3

地ドリンクも大阪の「ひやしあめ」など知名度の高いものから地域性の強いものまで、いろいろと掲載されています。管理人が特に惹かれたのが、大分県の「虹色ラムネ」。昔ながらのレトロな形の瓶を用い、七種類の味付けを施したラムネで、色も天然色素で七色に着色。日数が経過すると無色透明に変わってしまうそうで、本当に虹のように儚いところがいい! 何てロマンチックな飲み物なんでしょう。

全国清涼飲料工業会のホームページはこちら
全国清涼飲料協同組合連合会のホームページでも全国の地サイダーとラムネ、それに地ドリンクを紹介しています。こちら
スポンサーサイト

コメント

知らなかった!

>ミチさん
え、わびさびやさんにはスワンサイダーが売っているのですか!
初めて知りました。情報をありがとうございます。
2、3カ月前、群馬資本のコンビニ・セーブオンが地サイダーフェアをやっていて、足を運ぼうと思っていたら、終わってしまい、がっくりしておりました。うむ、今度飲んで見なければ。

サイダー

今、わびさびやさんにスワンサイダーという佐賀のサイダーがあります。
戦前飲まれていた物を復刻させたものだそうです。

随分前ですが、天満宮前のコンビニ(?)にあった金菊サイダーが生産終了してしまったことが、悔やまれてなりません。
こちらも後継者がなく、泣く泣く生産を打ち切ったとか。

残念です。

よかったですね

>ウシ君さん
あ、まだ入手可能でしたか。手に入ってよかったですね。全国紙に載ったから、反響が大きくて品切れになっているかもと心配していました。この冊子活用して、地サイダーや地ドリンクをどんどん飲みましょう(笑)

入手しました

又々遡ってのコメント、お許しください。

実は以前この記事にコメントを書いた翌日、ハガキで申し込みました。
そして今日このガイドブック、無事入手しました!。
中に出てくる秋田名水で出来た仁手古サイダー、去年飲みましたよ。
地酒メインの酒屋さんにあり、甘みも優しい自然派志向の味でした。
只、値段はチト高めでしたが・・・。

ほうほう。

>ウシ君さん
いえ、太田方面にはあまり詳しくないので、そのお店は全然知らなかったですね。
ハタ鉱泉のドリンクはぜひ飲んでみたいです。

追伸になりますが、太田市(他の町にはあるかどうか?)の
「おかしやさん」・・・行かれた事ありますか?。
その名の通り、お菓子ばかり色々売っているお店で、
アメ横の仁木の菓子を小さくしたみたいな感じ。
各種お菓子の袋詰め合わせなどが得意のお店。
そこの冷蔵庫の中に関西で大手の、ハタ鉱泉のドリンクが並んでいます。
ひやしあめとか、炭酸系飲料とかの瓶ものが・・・。
最近行ってないけど、又行きたくなりました。

北海道の飲み物も、どんなのか楽しみです。

ほんと、いいですよね~。

>ウシ君さん
地サイダー・地ドリンクはいいですよね。
私も近くにないものかと同じように探したのですが、残念ながら、やはりないようです。
足利のラムネ情報、ありがとうございます。後で探して飲んでみますね~。
先日、冊子を見て「飲んでみたい」と思っていた地ドリンクを何と地元で入手しました。
北海道限定ものを群馬で手に入れられてしまうことがいいことかどうか分かりませんが、後でアップしますね。
私はローカル飲料やB級ドリンクが大好きだったりするので、カテゴリーにコーナーを新設しようかなと思っています。

再びのコメント、遡ってになりますがお許し下さい。

ローカルフードと共に地サイダー、見直されてるようですね。
無料の冊子、魅力的ですね・・・ハガキ出そうっと!。
この近辺にローカルドリンクがあるかと昨年あたり探しましたが
あまりな見あたらなかったです。
埼玉、小鹿野の乳業屋さんがラムネと、期間限定でシャンメリーを
作っているみたいですが、確認出来ませんでした。
只、足利には緑色の瓶ラムネを作っているメーカー、
現存していると思います。
太田焼きそばの名店、清水屋本店で以前飲んだので。

本当ですね!!

>小山卓治ファンさん
あ、記事お読みになりましたか?
地サイダーの瓶はラベルを含めて個性的なものが多いので、確かにいろいろと集めてみたくなりますね。
冊子はまだ在庫があるかもしれません。
拙ブログ本文中のリンクから全国清涼飲料工業会のホームページに飛んでいただくと、冊子についてのバナーがありますので、クリックして応募方法をご覧になってみて下さい。まだ入手可能か問い合わせてみると確実ですよ。

>neonさん
そうそう。読売の記事でも東急ハンズの品揃えのことに触れられていました。こういうとき、地方のハンデを感じます。今はネット時代で、地サイダーセットのお取り寄せなんかもできるみたいですから、そんなにすごい差ではないんでしょうけれど。

この冊子、ご所望でしたら、まだ入手が間に合うかもしれません。拙ブログ本文中のリンクから、全国清涼飲料工業会ホームページへと入っていただき、「わが街の自慢 地サイダー&地ドリンク」のバナーをクリックすると、応募の仕方が出ています。まだ「申し込みを締め切った」旨の表示は出ていません。在庫があるかどうかは、応募要綱の中にある連絡先に問い合わせると確実だと思いますよ。

僕も申し込もうかな

僕もその記事読んでます。
そして、それを元にしたと思われるラジオ番組も聴きました。
全部集めたくなりますね瓶を!

好いですね!

あ、素敵ですね~~~
サイダー大好きですし、瓶やラベルのデザインもかわいいのが多いです。
東京では東急ハンズに、地サイダーが結構並んでいました。この冊子はワタシも欲しかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/254-de3e5b15

地サイダー

今話題のトレンド情報やニュースを紹介しています。流行の情報が、お役に立てることができれば、嬉しく思います。さぁ~それでは、波に乗っていきましょうか・・・!【送料無料】■いろんなとこの地サイダー 2本×8種類商品価格:3,675円レビュー平均:4.87[堺]堺市には地

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。