FC2ブログ

昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんじ焼き

もんじ4

もんじゃ焼きといえば、東京の月島が有名ですが、桐生では戦前から「もんじ焼き」と言われ、親しまれています。20年くらい前までは、ほぼ小学校区ごとに駄菓子屋を兼ねた「もんじ焼き屋」があって、放課後の子供たちのたまり場になっていました。残念なことに、今ではほぼ姿を消してしまい、「もんじ」を知らない子供が増えています。ですが、まだ健在の店もわずかにあって、貴重で希少な存在です。

もんじ1

ここがそのうちの1軒。一見すると、お店とは分かりません。看板もありませんから、知らない人はきっと気づかないでしょう。入り口の両脇にある古くて不動の自動販売機が目印です。

もんじ2

中に入ると、焼き台がいくつも並んでいます。桐生っ子は懐かしさを覚える光景です。店を切り盛りしているのは86歳のおばあちゃんです。

もんじメニュー

子供相手の商いですから、小銭で食べられる価格設定です。それにしても安すぎます。ずっと値段を変えていないそうです。品書きの回りには「もんじ1杯 キムチ33杯」など、子供たちが辛さを競った輝かしい(?)記録の数々も張ってあります。下らないことで真面目に張り合うのは、子供の特権ですね。

もんじ3

品書きを見ながら、入れるものを決めます。おばあちゃんのお勧めはポテト。「これがうちの特徴だから」というそのポテトはソースで味付けがしてあって、ちょっと子供洋食のようです。

もんじ5

熱い鉄板の上に種を流し込んで焼ながら、口に運びます。うまい。「ビールを自分で持ってきて食べる人もいるよ」とおばあちゃん。最近は子供の数が少なくなって、店に来る客は大人の方が多いくらいなのだそうです。

もんじ・駄菓子

店ではもちろん駄菓子も売っています。もんじの具にベビースターラーメンを選んだときは、ここから自分で一袋取って使います。

もんじ6

桐生は野球が強くて「球都」とも言われます。地元の甲子園出場校のペナントがたくさん張ってあります。常連の高校生たちが持ってきたようです。

もんじ・猫

店の前にはどういう訳か、たくさんの猫ちゃんたちがたむろしています。人間だけでなく、猫の社交場にもなっているようです。

山藤のもんじ焼き
桐生市錦町二丁目サクライデンキ付近<地図>
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

通りすがり様、レスをつけずに大変申し訳ございませんでした。
今さらなのですが、深くお詫びいたします。
子どもたちの思い出に残るお店ですので、少しでも長く続くことを祈っています。

なつかしい~

「さんどう」「おきんちゃんち」なつかしいですね。
僕の小さい時はこう呼ばれてました。昭和地区の社交の場でしたね
初期はソース焼きそばや、洋食ポテトも作ってましたよ。

はじめまして!

>らーめんさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。ようこそおいで下さいました。コメント頂いた翌日までにはレスを返すことを心掛けているのですが、一日遅くなってしまいました。ご容赦ください。
ここは本当にファンの多いお店ですね。冬におでんをやっていたのは初めて知りました。確か、かき氷と一緒で今はやってないですよね。いいなあ、私もおでんのジャガイモ食べてみたかったです。そして、おばあさんは「きんさん」と仰るのですね。ほんと、いつまでもお元気でいてほしいです。
それと。。。ベビースターラーメンがほしいとき、「ら~みぇ~ん」と鳴いていましたって…それって…ほんとに本当ですか!?にわかには信じられないなぁ。でも面白い!
興味深いお話しをありがとうございます。これからも拙ブログを宜しくお願いしますね。

嬉しいです!!

偶然見つけて、「きんさんもんじ」が載っているので、びっくりして、嬉しくて、思わず書き込みしてます。
私は実家がすぐそばで、保育園の時から一人でも行ってました。
もちろん今でも実家に帰れば、必ず友人と行ってます。
昔は、夏はカキ氷、冬はおでんもやってました。
おでんのじゃがいもは絶品でした!!
お小遣いの50円を握り締め、「じゃがいも5個ー!!」って買いに行ってました。
懐かしいなぁ。。。。
もんじは大好きなので、今は家でも作ってますよ~

きんさんにはほんと健康で長生きして頂きたいです。
私の唯一の行きつけの店なのです。

余談・・・・
きんさんは代々家の中では一匹猫を飼ってますが、
その中の一匹(ミーだったかな?)がベビースターラーメンが好きで、
ベビースターが欲しい時「ら~みぇ~ん」と鳴いてました。

うれしいです。

>源公さん
ああ、ついに行かれましたね。すっかりご満喫なさったようで、紹介した者としてはとてもうれしく思います。過分なお褒めの言葉をいただき、恐縮です。
拙ブログを通じ、レトロな店々が好きになられたとのこと。
味わい深いそれらのお店が営業を続けていることがこのまちの良さの一つであり、その魅力を少しでも多くの人に知ってもらえたらと始めたブログですので、本当に冥利に尽きます。
このところ、何だかうまく表現できない疲れがあって更新もままならず、コメントも遅くなってしまい、すみません。
源公さんのお言葉を励みに、ちょっと頑張ってみますね。どうぞ今後もご贔屓に。

勇気を出して参りました(笑)

おとといの日曜日、地場産センターで「しいたけクッキー」をゲットし、そこへクルマを停めてその後高野で忠治漬を買ってからこの店に行きました。丁度店先でおばあちゃんが猫と戯れていましたので、「もんじゃを下さい」と言ったら、「まぁ、めずらしいねぇ、ちょっと待っててね」と言い、準備してくれました。
聞いてみると、ここの客層は子供連れの大人が多いとのこと。私のように大人一人で来るのはめずらしいそうです。中にはもんじゃを焼かないままの状態で家に持ち帰り皆で食べるお客さんもいるんですって。今は夏場なのであまり持ち歩きたくありませんが、もっと涼しくなったら私もそうしたいですね。
おばあちゃんはもんじゃをおたまで掬いながら「ポテトは?」「ソーセージは?」「もやしは?」と矢継ぎ早に聞いてきました。とても86歳とは感じられない手捌きでしたね。色々入れてジュースも頼んで、全部合わせて何と280円・・・安すぎ!
とても懐かしい味がしました。いっそのこと具のラインナップすべて入れてみても良かったかなと思いました。今度やってみます。
こんな素晴らしいお店を紹介下さった銀ねずみさんには本当に感謝します。

今までは昔ながらの小さなお店には行こうとも思ってはいませんでしたが、貴ブログを拝見させてもらううちに寧ろ虜になってしまいました。またこれから先こういったお店には末永く営業して欲しいと願うようにもなりました。
ここはその中でも正しく秘境ではないでしょうか!

・・・寅さんが「ばあさん、釣はいらねぇよ」などと言っている光景にピッタリ当てはまる、そんな感じもしたお店でした。

長々とすみません。

ようこそです。

>けんさん
こちらこそ、はじめまして。書き込みありがとうございます。
知っているお店が健在というのは、うれしいものですよね。
あ、この出窓ではかき氷を売っていたのですね。今はあのスペースを特に使っていないようですが、もんじが食べられればOKですよね。
ぜひ、桐生まつりの間にでも行かれてみてください。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。今後とも拙ブログをよろしくお願いいたします。

はじめまして

いつも拝見しています。また嬉しい情報ありがとうございます。
ここのもんじ屋さんは、私も小学校の頃よく行ってました。
近くの昭和小学校から店の2~3軒隣にある書道塾に通ってたので帰りはいつも立ち寄ってました。
当時は店の出窓?のところでかき氷も売ってましたね。

懐かしいなあ~ まだやってるなんて感動です!
桐生まつりもあるし、久しぶりに行ってみようと思います。

もんじの値段は…

>源公さん
ここは一見入りにくそうですが、実は一人でも全然オッケーです。
私が行ったときも、おばあちゃんとお話しながら一人で焼いている大人がいましたから。
右端のもんじ(具無し)の値段は五に×印されて、その上に四と書いてあるのですよ。ですから、四十円です。いろんな具を入れたり、ジュース飲んだり、駄菓子食べたりしたって、五百円でお釣りが来るくらいです。安心して食べに行かれてみて下さい。

ぜひとも足を運びたい!

こういう店大好きです。
我が家の近所にも駄菓子屋はあるのですが酒屋が主体の店だったので
あまり子供の溜まり場のような感じではありません。
でも何だか一人で行くのも気が引けるので知り合いのガキを連れて
食べに行こうと思っています。

一つ聞きたいことがあります。
品書き左端の「もんじ」の値段はいくらですか?
私には四五十円に見えてしまうのですが、もしそうだったら
子供の払う金額としては少々高いのでは・・・・

私も…

>小山卓治ファンさん
こうした駄菓子屋は「おまち」の文化だと思います。私は超がつく田舎で育ちましたので、実はもんじ(もんじゃ)焼きを初めて食べたのは学生になってからです。初もんじゃは月島でした。友達に連れて行ってもらった店で、何だか芸能人のサインが壁にたくさん張られていましたよ。味は…よく覚えていません(笑)
私は東京にあるこぎれいな店より、こういう素朴な場所の方が好きですね。とっても楽しいですよ。

はじめまして。

>累さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
いつもご覧いただいているとのことで、とてもうれしいです。
そうですか、両方のもんじ焼きの店に通われていたのですか!
うらやましいですね。確かに、もんじの具は豊富ですから、個性ははっきり出ますよね~。安くておいしくて、桐生のもんじは最高です。この食文化はぜひ地域に残したいものです。
お返事が遅くなり、すみません。今後とも、どうぞごひいきに。

行ってみたいなぁ。

駄菓子屋は毎日行ってましたが、
残念ながら僕はお店でもんじとか、そういう経験がないのです。
僕より少し上の世代の方だとこちらの地域でもそういう店があったそうです。
なので、もんじ(もんじゃ)焼きは大人になってからなんです。
ほんと楽しそうですね!

はじめまして!

いつも楽しく拝見してます♪今回は懐かしいお店紹介だったので初コメントです。
ここのもんじ高校生まで行ってましたよ~。
300円でお腹いっぱい!!色々なトッピングがあるのでその人の個性が出るんですよね~。みんなで食べくらべしたりして~♪

もう一つのもんじやさんもいまだにたまに行きます。どっちも頑張って続けて欲しいお店ですo(^-^)o

ありがとうございます。

>khn67902さん
お褒めの言葉、光栄です。ありがたくいただいておきます(笑)
ここはたまたま、「あの辺りにもんじの店があった」と教えてもらい、行ってみたら、まだ現役だった!という場所です。行かれたとのことですが、もんじは食べませんでしたか?
そして、どうやら桐生市内にはもう一ヶ所、同じような店があるらしいんですよ。でも、しばらく前、教えてもらった辺りを歩いたのですが、発見できなくて。
またそのうち、挑戦してみようと思います。

脱帽です

錦町二丁目なら準地元。同級生の家も近くに沢山あったのに、恥ずかしながら存在を知りませんでした。
早速見に行ってきました。アルファプラザの裏手から進入しようとしたら、駐車場に遮られて行き止まり。ここは道があったはずなのに。
昨今の似非レトロとは大違い。これぞ本物ですね。広沢の「正華」を凌ぐ大発見ではと思っております。

>imaitiさん
駄菓子屋でお好み焼きですか。
地方によって、駄菓子屋のスタイルもいろいろなんですね。
いまお住まいの尾西の方にある駄菓子屋さんはどんな感じなんでしょうか?興味があります。

うれしいです。

>マフィンマンさん
さっそくのご訪問、ありがとうございます。きっと気に入っていただけるだろうと思っていました。とてもうれしいです。店前の猫もマフィンマンさん好みだろうな~、なんて思いつつ、シャッターを切りました。
おっしゃる通り、ここは本物中の本物ですよ。昔ながらの駄菓子屋を兼ねたもんじ焼きの店は、こちらにもほとんどありません。
ぜひ、いつかおいでください。何せご高齢のおばあさまが切り盛りしているお店なので、できればお早めに。。。。

ぜひぜひ。

>Hiroさん
実は私もこのとき、「おせんべい」に挑戦してみたんですよ~。
あんまり大きなのはできませんでした。でも、おいしかったですよ。
もうすぐ個展ですね。こちらにいらっしゃる間、お時間のあるときにぜひ足を向けてみてはいかがでしょう?

重文級

>ひろぽんさん
そうですね。こうしたお店で跡継ぎがいるところはほとんどありませんから、現在やっている方がおやめになったら最後です。重要文化財級の貴重さと思います。そちらで類似の店を発見なさったときは、ぜひブログで取り上げて下さいませ。

イヤー行きたいですね。子供のころザリガニ取りに行った帰りに寄った駄菓子屋で焼いてもらったお好み焼きは絶品でした。やはり子供相手のおばあさんが焼いていて設けるというより子供たちとの会話を楽しんでいるようでした。いい時代でした。

キング・オブ・駄菓子屋

あ~、これぞ私が探し求めてやまない「もんじゃ焼きを店内で食べることの出来る駄菓子屋」ですよ。
もう店構えからしてただ者じゃありません。2台の自販機で実際にジュースが買えたら、ただ者どころか、キング・オブ・駄菓子屋です。
店内の様子も好いですねえ。近ごろのレトロを装った“昭和まがいもの商店”は、この店を見習って欲しいもんです。本物中の本物ですね。
メニュー表も中高生も走り書きも、どれもこれも歴史が満載です。
いや~、これは久しぶりにクラクラする写真を拝見させていただきました。
私の「いつか行かねばならない店リスト」に加えさせていただきますね。

もんじ焼き、懐かしいですね。 夏休みプールの帰りに友達と毎日のように行っていたのを思い出します。狭い鉄板を囲んで隣の子と膝が擦れ合いながら、「おせんべい」というテクニックを競い合っていました。

いいですね~♪

こういうお店も山形は少なくなりました、昔あった一銭店屋って
こんな感じでしたよね…
子供の頃は5円玉や10円札を持って買いに行きました(笑)
今では改装してモダンな駄菓子屋になってる店もありますが
やっぱり軒先に猫がたむろするくらいの雰囲気が欲しいですよね。

こういう感じのお店を探して写真撮ってこようっと♪

はい。

>neonさん
そうです。おばあちゃんのお話しもとっても温かくって。
だから子供も大人も集まるんでしょうね~。
桐生のもんじもおいしいですよ。こちらにおいでの際はぜひ、ご一緒しましょう。

店構えも

味わいあって好いですね~。
ほのぼのしてます。こういうお店ではみんな素に戻るというか、コドモに戻るんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/247-44811ab4

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。