昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例幣使街道(栃木市)

舘野家店舗

日光東照宮に朝廷からの使者が向かうために通された例幣使街道。日光から高崎まで続き、そこから中山道へと繋がっていました。かつては大変にぎわったであろう栃木市内の街道沿いは、実にいい雰囲気のまち並みが残っています。整備された大通りから一歩足を踏み入れると、まず姿を現す見事な建物は舘野家住宅店舗。国登録文化財に指定されていて、文化庁のホームページによると昭和7年築。肥料・履物商の老舗で、外観は洋風ですが、屋内は和風なのだそうです。和洋の混合ぶりが面白いですね。

舘野家電話番号

柱には昔の電話番号の表示がそのまま残っていて「一二三番」とあります。覚えやすい、いい番号でしたね。

伯林堂薬局レトロ米店

お店としてずっと続いている古い商店が多いのも魅力です。

スリッパ店スリッパ店内

ここはスリッパ店。たくさん並んでいて、ちょうどスリッパを探していた管理人は一足買い求めました。

レトロ理髪店

この理髪店はおそらく後発でしょう。営業していませんでしたが、たまたま休みだったのか、それとも廃業してしまったのかどうかは分かりません。

黒い蔵レトロ看板いろいろ

黒塗りの蔵や昭和レトロな看板もあちらこちらにあって、通りの雰囲気を高めています。

代官屋敷嘉右衛門町

通りの目玉は岡田記念館。敷地内には陣屋などもあり、見学は有料です。付近一帯の地名・嘉右衛門町は岡田家当主の名前から定まったのだそうです。

墨絵処

記念館の周辺には志ある人によって、墨絵と火消しの展示館が設けられています。いずれも入場無料で、ありがたいです。

ヤマサヤマサ味噌

これはヤマサ味噌の建物群。通りに面して事務所や工場、蔵があり、いまも味噌づくりが続けられています。ちなみにCMで有名なヤマサ醤油とは何の関係もないのだそうです。

街しるべ

街道を歩いていると、要所で「街しるべ」なる案内板が登場します。現在地や近くの見どころなどが地図上で分かりやすく紹介されていて、とても参考になります。まちを訪れた人への案内がとかく不十分な桐生にとっては、参考になりそうな取り組みです。

栃木市のレトロ一覧
スポンサーサイト

コメント

駅舎

>源公さん
私は栃木市の駅舎を見たことがありませんでしたが、源公さんがそれほどにおっしゃるほどですから、とてもいい駅舎だったんでしょうね~。一度実物を見たかったです。
栃木教会は今後、栃木市に行ったとき、見てみようと思います。

栃木駅

栃木駅高架による駅舎建替えは本当に残念でした。
レトロの街栃木市の玄関口として相応しい佇まいだったのでは。

その旧レトロ駅舎のあった方の出口から徒歩2分のところに
カトリック栃木教会というのがあります。
巴波川のほとりに面し、蔵の街の景観にぴったり溶け込んでいる
落ち着いた色合いの建物です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/237-a5386b36

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。