昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗まんじゅう

栗まんじゅう大きくておいしい栗まんじゅう

不思議と騒がれることがない地味な存在ですが、間違いなく桐生の名物の一つです。栗まんじゅうと銘打ってはいますが、栗は全然入っていません。栗の形をしているから、なのだそうです。普通の薄皮の栗まんじゅう(写真、1個90円)と生地が生どら焼きのような、かすてら焼き(1個95円)の2種類があります。


藤掛屋2作っている様子が見られます

お店に行くと、その場で注文を受けてから焼いて、できたてのほかほかを売ってくれます。これでもかとばかりに、あんこがたっぷりと入っていて、とてもおいしいです。

藤掛屋

これがお店の建物。おまんじゅうを買い求める近所の人たちでいつも賑わっています。隣に駐車場もあって台数も結構停められるので、車で来ても大丈夫です。

藤掛屋
桐生市錦町二丁目5-2<地図>
スポンサーサイト

コメント

どうぞお気になさらず。

>ウシ君さん
いえいえ、ちっとも構わないのですよ。
過去の記事にコメントいただくのも、長文もうれしいものですよ。それだけ反応していただけたということですから。

桐生は本当に食という点では、実に郷土色豊かな土地柄です。ただ、飛び抜けて有名になっているものはありません。なので、一人でもたくさんの方に面白さを知っていただけたら、というのが、実はこのブログを始めた理由の一つでもあります。

ドーナツは多分、片方は「ばくだんドーナツ」のことだと思いますが、もう一つは何でしょう?佐野のデザートは知りませんでした。興味津々です。

又々、遡っての投稿お許し下さい&いつも書きすぎ、スミマセン。

桐生はローカルフードの宝庫みたいで、羨ましいです、
花パンも素朴でおいしいですしね。
この栗まんじゅう、次回桐生に行った際には是非食べてみたい~。
それから桐生のドーナツ、2軒位?有名店があるみたいで、
いつかレポートお願いします。

こちら熊谷の雪くまは、この2-3年、官主導で始まった物だし
フライ(焼きそばも一緒にやっている)は何十軒もお店はあるが
行田が発祥の為、影が薄い。
熊谷銘菓の五家宝も、10軒位は製造元があるのに人気はいまひとつです。

又、今一番食べてみたいローカルフードは佐野の「カンロ?」。
佐野が実家の知人から聞いた物で、オレンジ色の寒天?に黒蜜をかけて食べるスイーツ。
古い食料品店などで売っているらしが、真夏はやらないとの噂も・・・。


これぞ庶民の甘味

>マフィンマンさん
そうですね、サイクリング中でしたら、二つくらいはかる~く食べられるのではないかと思います。
地味なお店ですが、本当にお客が途切れないんですよ。店の隣りの駐車場もどんどん増えていって、1個の値段はお安いですが、何十個とまとめ買いしていく人が多いので、結構いい商売になっているようです。買ったお客も喜び、お店もお金になってうれしいという、これぞ地域のビジネスといった感じです。
自家製ソーダ水ほか、数々のユニークなメニューを誇る立田野食堂も至近。両方味わうのがおすすめです。

食いたい!

栗が入っていようといまいと、このアンコの量は尋常ではありません。太っ腹です。
撮影サイクリング中に一休みする際、甘いモノが欲しくなり、仕方なくコンビニのアイスクリームで誤魔化すのですが、この栗まんじゅうなら満足度120%でしょうね。2つとも軽くイケそうです。
薄皮もどら焼きも、どちらも美味そう!
近ごろはスイーツとか言って見た目ばかり綺麗で、そのくせ小さくてバカ高い菓子が幅をきかす中、この栗まんじゅうは真の実力派という感じです。

高崎も足利も

>こや。さん
へえ~、高崎でも栗まんじゅうを売っているんですか。この栗まんじゅうと同じようなものなんでしょうか。
そして、足利にもありましたか。足利といえば、行列のできる「ぱんじゅう」が有名ですね。

桐生にも栗まんがあるんですねぇ。
私の高校時代には、高崎の母校の前でもくりまん売ってたんですよ。
黒砂糖の香りがする生地でしたねぁ。焼きたては香ばしかったなぁ。
この間、足利でも栗まんがあることを知りました。

ぜひぜひ。

>小山卓治ファンさん
餡子が甘すぎないので、大きなおまんじゅうでも数を食べられます。ぜひぜひお試し下さいね~。
あ、でもひょっとしたら、値段が微妙に違う(ひょっとしたら5円くらい安い)かもしれません。あとでもう一度確認して、違ってたら直さないと(^^;

旨そう!

どちらも旨そうですね♪
僕も知りませんでした、今度行ったら購入してみたいです。

あ、そうでした?

>源公さん
あれ、そうでした?栗がちゃんと入ってましたか。
だとしたら私の文章、間違いですよね。今度買いに行ったとき、お店の人にちゃんと確認してみますね。でもって、間違いだったら文章も訂正いたします。
ふくふくギョウザ、おいしくて大変お勧めなんですが、確かに車だとちょっと寄りにくいですね。本町通りを錦桜橋方面に進行中の場合、一瞬店のわきに車を停めて速攻で買って帰るという手もないわけではないですが…。
小松屋の花ぱんとアトリエの爆弾ドーナツは、そのうち取り上げますね。しばしお待ち下さいませ。

以前買ったとき

餡の中に3ミリ角くらいの砕いた栗のような粒が入っていたような記憶があるのですが、勘違いだったでしょうか?
ここは駐車場があるからいいですね。しかし近くの立田野食堂や山作精肉店には無いので残念です。とくに山作さんの揚げたてのふくふく餃子は錦町十字路
を通るたび買いたくなりますが自動車では立ち寄りづらいので、ためらうことも
しばしばです。

いつか小松屋(4丁目)の「花ぱん」も取り上げて欲しいです。

甘すぎなくて

>ひろぽんさん
つくっている様子をその場で見られると、何だか安心感がありますよね。餡子が皮からはみ出るくらいたっぷり入っているのですが、この餡がほどよい甘さで、変に甘すぎないところも人気の秘けつではないかと思われます、ハイ。
一個一個が大きいので、さすがに甘党のひろぽんさんでも、10個食べるとおなか一杯になってごはんが食べられなくなる可能性がありますよ~。

くぅ~

作っているところを見ているだけで
たまらないです!
それに写真の栗まんじゅうの皮が破れて
餡がはみ出ているとこが…
ああ~甘党の僕としては10個はOK!
だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/235-dc111cc3

白あんの中には 恵那栗がいっぱい!【栗饅

本当に美味しかったです!口の中に残る爽やかな甘さ何とも云えません!買って好かったです。さすが栗で有名なトコだけある。栗の粒も入ってたしおいしかった。贈答用です母が「おいしい」って言ってました。恵那栗饅頭。これだけで食べると甘過ぎるかな~と思いましたが、基

栗まんじゅうの厳選紹介

ここのは、どれも餡が上品な味です。もう少しパイのサックリ感がある方が好きかな。ことのほか、栗がおいしかったですよ。あんは、それほど甘くないので食べやすいです。まろん・ど・ぱいすごく美味しくって大好きです栗が一個丸ごと入っていてあずきの餡とよくあって私の一

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。