昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍苑丼

龍苑丼

数多くのオリジナルメニューを誇る龍苑の看板メニューです。ご覧の通り、ひと言で表現するならば、いわゆる麻婆丼なのですが(店の品書きにもカッコ書きでそう書いてあります)、そんじょそこらの麻婆丼とはひと味もふた味も違います。味は辛めでかつ甘味もあり、にんにくをたっぷり使った濃厚な味。ご飯の量もかなり多めなのですが、不思議とぺろっと食べることができてしまいます。長年にわたって愛されて続けている、『ザ・桐生のどんぶり』とも言える大満足の一品です。

龍苑丼 800円
スポンサーサイト

コメント

>パソコン快適改造計画さん
お久しぶりです。あ、ご近所でしたか。
でしたら、毎日食べてもいいですよね(ウソです)。
でも本当にうんまいですよね。どういうわけか、くせになります。

龍苑丼

これ旨いんだわ~
近所だから食べに行こうかな~

おいでませ!!

>ひろぽんさん
いわゆる麻婆丼ですから、それほどすんばらしい料理というわけではないんですが、でも病み付きになるおいしさですよ。山形から群馬は遠いですが、いつかお気が向かれたら、おいで下さいね。ご案内いたします。

な~るほど。

>弟子さん
なるほど、そういう意味でしたか。
龍苑は店が閉まるの早いですからね~。
気が付いたらもう「準備中」ですもん。
昼は午後1時すぎで終わり。夜も7時ごろには終わり、ですから、早めに行かないと、なかなか龍苑丼にはありつけません。

美味しそうです!

辛味の中に甘味がある…
ニンニクをたっぷり使った濃厚な味…
かなり多めなご飯の量…
もぅ三点セット勢ぞろいじゃないですか!
ああ…食べてみたい…

地獄がみえた時

腹ぺこで『たどり着いたらいつも....』のれんが撤収されてた。
最近2回ふられました。
           ふられると
          なおさらつのる
           こいごころ

ありがとうございます。

>こころママさん
はじめまして。お褒めいただきありがとうございます。
京都は素敵な建物、お店の宝庫ですね。レトロ系食堂もあちこちにあるとは、さすが古都。奥が深いです。
木造校舎のレストランにも行ってみたくなりました。
今後もよろしくお願いいたします。

すてきなブログですね♪私は実家が京都なのですが
京都にもあちこち、昭和の香りのする食堂が
点在しています♪
お気に入りなのが、木造の小学校を改造してつくられたレストラン。
上京区にあるのですがとても雰囲気があっていい感じです。
また訪問させていただきます♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/226-b7b65f80

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。