昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さざなみ食堂

さざなみ食堂外観

群馬は海なし県ですが、店名は「さざなみ」と波にまつわる名前です。何ででしょう?店の人が海が好きだったのか、あるいは海があるところの出身の方なのか、それとも名字が「さざなみ(細波or小波)さん」だったりして。命名の由来は分かりませんが、半世紀近く前からやっている歴史ある食堂です。
さざなみ食堂店内壁にはなぜか視力検査表が


店内はもちろんレトロな感じ。壁にはなぜか、視力検査用の表が張ってあったりします。食事しながら目の検査もできて、暇つぶしにはなりそうですが…。
こないだは「麻婆豆腐丼」(650円)を食べてみました。ボリュームたっぷりでおいしい。皿の端には紅ショウガが添えられていました。麻婆豆腐と紅ショウガの組み合わせは、はじめてみました。

さざなみ食堂はせまい道に面しているのですが、道を挟んだ向かい側には「銀鹿」という別のレトロ食堂もあります。こちらも機会を改めて、紹介しようと思います。
さざなみ食堂の扇風機天井を回る扇風機もいい感じ



さざなみ食堂
桐生市仲町一丁目12-22<地図>
スポンサーサイト

コメント

そうなんですよねぇ…

ほぃさん
お返事が遅くなり申し訳ございません。
そうなんですよね。管理人も近くをよく通るのですが、「あれ今日は休みかな」と思ったら建屋が覆われ、重機が入り、あっという間に解体><
残念です。また桐生のレトロ食堂が減ってしまいました。

残念。。。

先月からシャッターが降りたままで心配だったのですが、
お盆が明けより取り壊しが始まり、
すでにさら地になってしまいました><
 
豚から定食、もう食べられないんだなぁ。。。;;

あ、ここも!

>源公さん
ここもお試しいただけましたか!
あの紅ショウガ、何ということはないんですが、ちょっといい感じなんですよね~。視力検査はしましたか?(笑)
銀鹿の麻婆丼は食べたことがないので、福神漬けのことは初めて知りました。びっくりですね。

麻婆豆腐丼

成敗して参りました。添え付けの紅ショウガはなかなか良い組み合わせだと思いますよ。後で自分が作るときにも大いに取り入れたいですね。
向かいの銀鹿の麻婆丼ではなんと福神漬がお供しています。麻婆自体は美味しいのですが福神漬けとはチョッとなぁ・・・と思いました。
カレーとの名コンビですから、辛いものへの添え付け、という点ではいい線いってるのかもしれませんが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/22-c04e4f95

さざなみ食堂(桐生市)。

子供洋食にありつけなかったお腹を空かして、桐生界隈のディープな食堂へ(笑)。おそらくローカルな人しかほとんどいかないであろう、街の食堂といった感じのお店。ウチのカミさんの祖父母は地元のため、カミさんは小さい頃から来ていたそうで。わたしも2回目ですが、レト

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。