FC2ブログ

昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲まるも(松本市)

珈琲まるも新しそうですが結構古い

「まるも旅館」に併設された喫茶店です。一見すると、レトロ風につくった新しい喫茶店のようにも見えるのですが、注文票の裏側には「昭和31年に建てた」と記されていました。昭和30年代ならば、立派なレトロですね。

まるも旅館風情あるまるも旅館

旅館はもともと江戸時代からの建物だったのが火災で焼失し、明治21年に建てられたものだそうです。1泊6000円と手ごろな宿泊価格も魅力で、こちらもぜひ一度泊まってみたいです。

喫茶店の店内は少し暗めで、落ち着いた雰囲気。お得なケーキセット(700円)は、りんごのタルトとチーズケーキから選べました。他の日だと違うのかもしれません。

珈琲まるも
松本市中央三丁目3-1-10<地図>


松本市のレトロ一覧
スポンサーサイト

コメント

ようこそ。

>凡苦楽庵さん
はじめまして。ようこそおいで下さいました。
そうですか、まるも旅館にお泊りになったのですか。うらやましいですね。私もいつかは、と思っています。
ワインカルピスが今もメニューにあるかどうかは、すみません。実はメニューをじっくり見なかったので、はっきりとは覚えていないのです。多分、なかったような…。
でもそれって、立派なカクテルですよね。おいしそうです。どちらも発酵性の飲み物ですし、きっと相性もいいのでしょう。
面白い情報をありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

はじめまして。

小道さんのブログから飛んできました。この“まるも旅館”には30年近く前に泊まったことがあります。その時喫茶室で“ワインカルピス”というのを飲みました。カルピスの上に赤ワインが少し載っているのですが、かき混ぜると良い色になり、味も美味しかったです。今もそのメニューがあるか知りませんが、青春の1ページを思い出しました。

珈琲

>imaitiさん
そうですね、コーヒーより珈琲の方が重厚さを感じます。
imaitiさんがご紹介なさったその喫茶店、拝見してましたよ。
coffeeの当て字が珈琲に落ち着くまでは、いろいろな当て字が濫立していたみたいです。以前、横浜中華街で頑固親父がやっている古い喫茶店(なぜか私は怒られました)に飾られていた大きな木の板に、ありとあらゆる当て字がびっしりと彫られていました。

珈琲まるもはいいですね。こちらにも蔵を模したような喫茶店があります。
http://pasoin.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_1157.html
レトロ調だったり喫茶店の名前もカタカナのコーヒーでなく珈琲だと本格的なコーヒーが期待できそうな気がします。ちなみにここもドリップ式で味はまずまずでした。

珈琲出してくれたのは…

>マフィンマンさん
果たして真相はどうなんでしょう?昭和31年の建物にしては新しく見えるのは確かです。店内はそんなことないんですけどね(はじめは拙ブログで紹介するつもりではなかったので撮りませんでした…)。旅館に泊まったお客はここで朝食をとるそうです。

コーヒーは熱くて、濃かったです。でもカウンターの中でいそいそと働いていたのは頑固な50代のおっさんではなく、20代と思われるうら若き女性でした。それもまた、よしと。

熱くて濃いコーヒーですね

「珈琲まるも」で熱いコーヒーを飲んでみたくなりました。
昭和31年築だそうですが、どうなんでしょう、最初から喫茶店を始めるつもりで建てたのではない――と、勝手に推測しちゃいます。当時は違う用途として建て、後年、喫茶店に改造したのではないでしょうか。
それが、「レトロ風につくった新しい喫茶店のようにも見える」理由じゃなかろうか――などと下らん詮索をしてしまいますが、んなことはどうでもよく、こんな店で飲むコーヒーは、きっと熱くて濃いですよね。
コーヒーを愛してやまない頑固なおっさん(50代)が、ネルドリップで煎れてくれそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/211-4cfdbb20

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。