昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロ医院の集まる通り(松本市)

宮島耳鼻咽喉科医院擬洋風建築が美しい宮島医院

上土通りを下町会館から松本城の方角へと進み、テアトル銀映を過ぎると、素敵な医院が次から次へと姿を現します。中でも特に素晴らしいのが、この宮島耳鼻咽喉科医院。擬洋風建築の外観は美しいのひと言です。白と赤、青に近いグレーという色の組み合わせも絶妙です。

宮島医院の望楼何となく中東風の匂いもします

屋上部分には塔があります。開智学校のように、明治から昭和初期にかけての公共建築物には塔を備えたものがありますが、個人の所有物でこれほど立派なものは珍しいのではないでしょうか。この塔から松本城を望んだのだそうです。

青木医院青木医院

青木医院は四角い形状とスクラッチタイルが魅力です。

上條医院上條医院

上條医院は気品のある雰囲気が漂います。美しいですね。

大澤医院2大澤医院

大澤医院は落ち着いた雰囲気。松の木が立派です。

山崎医院山崎医院

通りからは少し外れますが、山崎医院は松本市最古の煉瓦造の建物だそうです。

レトロな廃院立派な建物ですが廃院となっています

この建物もかつては医院でしたが、既に廃業したようで現在は空き家になっています。

それにしても、この通りにどうしてここまで古い医院が集まっているのかが、全くもって不思議です。何か理由があったのでしょうか。

松本市のレトロ一覧
スポンサーサイト

コメント

楽しみ

>小山卓治ファンさん
本当にすごいですよ。上土通り沿い以外にもまだレトロ医院が存在します。
古時計へのオマージュ、楽しみにしていますよ。

やはり歴史のある街はすごいですよね!

明日、久しぶりに【古時計へのオマージュ】をupします。

避雷針

>弟子さん
大正や昭和初期の建物って、避雷針みたいな細かい部分の造形も必要以上に凝っていて、そこが面白いですよね。この塔から松本城を眺めつつ、ワインを一杯、なんてやってみたいもんです。

まったくです。

>三束雨さん
宮島医院をはるか昔にチェック済みだったのですね。さすがです。本当、このまちの底力を感じさせる。レトロ医院の数々です。
私も後でTBかけさせていただきますね。

そそり立つモノ

避雷針がなかせます。
S師匠もお好きな一品。

いやぁ

これほどあったとは。
城下町の為せる業、なのでしょうかね。
松本、恐るべしですね。

でしょう?

>マフィンマンさん
とても素敵でしょう?
大半が現役で使われているところもすごいです。
これらの医院が通り沿いにずらりと並ぶ様子はなかなか壮観ですよ。
宮島医院は受診のついでに塔に登らせてほしいですよね。

素晴らしい

どれもこれも素晴らしいの一言です。
こんなに美しく上品なお医者さんばかりだったら、毎日通っても好いかななんて思ってしまいます。
特に、宮島医院。耳鼻咽喉科はあまり縁がありませんが、ちょっと受診してみたくなります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/210-c7a02e0d

いわゆる異人館は擬洋風建築とは区別される。また例えば浜寺公園駅駅舎は、建築家、辰野金吾の設計によるもので、このような正規の建築教育を受けた建築家や技師の建てたものは擬洋風建築とは言わない。擬洋風建築という言葉は昭和になってから建築史家が使い始め、近年定着

松本近代建築巡り

アルウィン観戦前にあちらこちらと。文明開化の風を取り込んだ擬洋風建築といわれる洋館がそこかしこに点在しています。その中でも、かつて「御殿医」だった町医者の家々は外観は洋館なのに内部は障子や畳という、和洋折衷な景観を残しています。ブルジョアなお医者さんが多

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。