昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金釜

金釜外観

ここはですね、本当に自信を持ってお勧めできるお店です。管理人のお気に入りの一つです。
名前が表している通り、釜飯の専門店です。郊外型チェーン店の中には釜飯専門店を標榜しながら、実のところは釜飯の容器に炊き込んだごはんを入れて後から具を載せただけの「釜飯風炊き込みごはん」を出すところがありますが、ここは正真正銘、本物の釜飯を出すお店です。お客から見えるところで、一つ一つの釜を火にかけて調理しています。

金釜メニューとにかく安い。そしておいしい

そして、とにかく安いのです。釜飯の種類は盛り込み(鶏肉といか下足、木くらげ)、エビ、カニ、竹の子、玉子の5種類あるのですが、どれも470円。味噌汁(70円)や茶碗蒸し(190円)をつけても800円未満です。刺身や唐揚げなど一品料理も充実しています。釜飯は盛り込みが一番人気です。

釜飯1釜飯2これが一番人気の「盛り込み」

金属製の器でやって来る釜飯はあつあつ。ごはんはお焦げができて、これがまたおいしい!

営業は夜のみで、釜飯を食べながら一杯やる人でいつもにぎわっています。幹線道路の国道50号沿いには姉妹店の「金釜広沢」があります。

2008年6月30日、閉店しました。

金釜
桐生市末広町1-33<地図>
スポンサーサイト

コメント

金釜再開するらしいです

H22 4/22頃に昼間だけの営業で再開するとのことです。
以前よりメニューを絞るとのことですが、よろしければごひいきのほど
よろしくおねがいします。

以上、お知らせでした。

おひさ♪

>でしさん
お久しぶりです。ここを忘れずにいて下さって、ありがとうございます。これからぼちぼち、更新を再開します。
かに川通りのトイレ、そんなだったんですか。まさに厠(かわや)ですねぇ。
金釜は残念ながら、本日をもって閉店いたしました…。

二等兵

かに川通りの商店街のトイレの下は
昭和45年くらいまで(自分の記憶だけですが)
まさに『川の流れのように』
川がそのまま流れていました。
二等兵という屋号の飲み屋さん
入店してみたかったけどお金もないし
中学生じゃむりだいね^^

残念ですが…

>トラ吉さん
レスが遅れましたことをまずはお詫びします。
駅前の一杯飲み屋街は「かに川通り」のことと思います。
既に区画整理と再開発が行われ、当時をしのぶものはほぼ残っていません。
金釜は久々となる本日の更新でご紹介しましたが、まことに残念ですが、6月30日を以って閉店します。まだ2日間あります。行かれるのでしたら、お急ぎ下さい。

ん?金釜ってなくなっちゃうのですか?ん?
勘違いですよね?金釜がなくなるはずはありませんよね?
たしか金釜は2店舗ありましたよね?
金釜がなくなるのは悲しすぎます。。。
桐生。できれば昔のままでいて欲しいです。
なんとかそのままでいられるならばいて欲しいです。
僕に出来ることがあれば保存に協力したいです。
仕方がないことなのかもしれないけど
思い出と桐生の歴史と庶民の文化。。。。なくなるのは悲しいですよね。
近々桐生に遊びに行ってみよっと!

嗚呼、五十番のカツ丼喰いたい~!志多美屋のソースカツ丼!おせんちゃんの焼きそば!、新星荘のあんみつ!金釜!じじもんじ!べにや!しいたけまんじゅう!筋肉ラーメン!ノザワデリカの生姜焼き弁当!!!(あとイセヤの先にあった喫茶店ってなんでしたっけ?)

そういえば、、、昔、桐生駅に向かう路地(交番横の)に一杯飲みやばかりの商店長屋みたいのありましたよね?あれってもちろんもうないですよね?
あ~桐生。。。

>トラ吉さん
重ねてのコメント、ありがとうございます。
金釜は名店だと思います。店にまつわる素敵な思い出をお持ちですね。

ところで、残念なお知らせをしなければなりません。
ここは今月いっぱいで閉店することになりました。本当にショックです。
ほかのレトロ食堂も閉まってしまったところがありまして、最近情報を更新する意欲が…。
芭蕉のコレクションルームは拝見したことないですね。すごそう。
何とか、気持ちを奮い立たせて、近日中に更新します。
ぜひ、またおいで下さい。

金釜かぁ~。。。ここも懐かしいなぁ。
桐生に帰省するときは当時つきあっていた子がココの釜飯が好きで
よく行ってました。僕は猫舌なので釜飯よりも天ぷら定食等の方を食べることが多かったな。あと満席や閉店時間が早いんですよね~。そんな時は迷わずに芭蕉へ行って「しいたけまんじゅう」と「いんどかりー」。芭蕉のコレクションルームって見たことあります?凄いっすよ。

ほんとほんと

>シュガさん
金釜最高ですよね~。やっぱり釜飯と一緒にから揚げも頼みますね。これ、ここに行ったときはほとんど基本形とも言っていいパターンですよね。おっしゃる通り、頼んだものが出てくるタイミングも絶妙で、本当に居心地がいいお店です。

安いし旨いしっ

私もここの大ファン!
先日仕事帰りに寄りました。無性に食べたくなるんですよね。
ここの釜飯食べてると「やっぱりコレだよね~(*^ー^*)」と恵比須顔になってしまいます。
とりあえず生中と酢の物、唐揚を頼み、まったり呑んでいると丁度いい頃に釜飯登場!
この間合いもいいですね。
で、とにかく安い!もうちょっと高くても?なんて思ったりしちゃいますが、この価格でこれからもお願いしますって感じです。助かります!

ようこそ

>やまどりさん
ようこそおいで下さいました。やまどりさんのコメントの端々に関西弁が散りばめられているのを拝見すると、現在は関西方面にご在住なのでしょうか?いつもご覧いただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、木でできたあのふたを開ける瞬間はすごく楽しいですよね~。そして、たまご。本当にふわふわですよね。ここの「玉子釜飯」はそのうち、当ブログの「おもしろメニュー」で紹介しようと思ってます。

 いつも楽しみ拝見させていただいております。
収集の件や地元情報が多くて群馬を離れて10年になる私にとって、
こちらに出会えてほんまにうれしい。
 さて、金釜ですが、広沢店のから揚げのしょっかんというか歯ごたえ。
そして釜飯、使いこんだ木製のふたを開けた時に立ち上るゆげ、
ひろがる香り。ふわふわの玉子も大好きや。なつかしいな。

ぜひぜひ

>せいちさん
はじめまして。ようこそおいで下さいました。以前からご覧いただいているとのことで、本当にうれしいです。
金釜はぜひ行かれることを強くお勧めします。きっとお気に召されると思います。リンクの件はもちろんOKです。桐生つながりということで、私の方からも張らせていただきますね。
せいちさんは看護師をなさっているのですね。大変なお仕事と思いますが、お体に気をつけて、頑張って下さいね。

私も好き

>yosuieさん
どうもです。金釜も金釜広沢も、どっちもいいですよね~。駐車場についてはおっしゃる通りで、私も毎回苦労しています。ここの鳥のから揚げ、私も大好きです。お店に来たどのお客さんも大概頼んでますよね~。

ぜひお出かけを

>弟子さん
ぜひ、30年ぶりにお出かけになってくださいませ。
お店はその当時と比べると、どこか変わったところがあるのでしょうか。興味があります。きっと、値上がりの幅はちょっとなのでしょうけど(^^;

激安なのです

>kimcafeさん
そうでございましょう?北関東は全国的に見ても物価がとても安いところではあるのですが、それにしても安すぎるくらい安いのです。こんなに安くって大丈夫ですか?と思わずお店の人に聞きたくなるくらいです、ハイ。桐生のレトロ食堂はどこもそんな感じで、値段の設定までレトロなのです。

今度いってきます

銀ねずみさん、はじめまして、以前から閲覧させていただいていました。
桐生には雰囲気のいいごはん屋さんが多いですよね。
金釜は以前よりきいていたので、今度行ってみます!
私も桐生を中心としたブログをやっております。ぜひリンクさせていただきたいのですがいかがでしょうか?

待ってました!金釜!(笑)
こっちの店は一度しか行ったことがないんですが、
広沢にはけっこう行ってます。
両方駐車場があまりないので、なかなか寄りづらいんですけどね。
とりのから揚げもおいしいです!

なつかしの金釜

いまから30年以上も前になりますがお袋につれてってもらいました。いつまでも残ってほしいお店です。

安い!

先日、人形町で釜飯を食べました
そこも目の前で作ってくれるのですが、900円です
470円とは信じられない価格ですね(^_^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/171-5b2a28bb

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。