昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゑびす食堂(前橋市)

ゑびす食堂外観

管理人はですね、ここを前橋のザ・レトロ食堂に認定します。雰囲気満点の外観が抜群だし、看板はもちろん、のれんに手書きされた「えびす」の「え」は「わゐうゑを」の「ゑ」だし、住所は歴史を感じさせる「1-1」だし、そして店内の様子もまた最高なのです。

ゑびす食堂店内

店の中は質素なテーブルといすが並び、天井近くには年季の入った扇風機が2台備えつけられています。メニューももちろん手書き。お勘定する場所には「会計」と書かれた白い札がちょんとぶら下がっています。木製の窓枠とガラスの古びた感じもたまりません。

ゑびす食堂メニュー

朝の7時半から営業しているのもうれしいです。メニューの中には朝定食もあります。管理人的に注目なのは目玉ライスハムカツ丼ですね。

ゑびす食堂ショーケース

ショーケースの役目を果たしていたガラスに白字で書かれた「チクワ 30」「ポテト 30」の文字が何だかかわいいです。

棟続きになっているお隣りのお店は喫茶店。こちらもレンガをあしらったり蔦を這わせたりして、いい雰囲気をつくり出しています。

朔太郎生家跡

また、すぐそばが詩人・萩原朔太郎の生家だった場所で記念碑が建っていますが、跡地は高層マンションになりました。時代の流れを感じさせる光景です。

ゑびす食堂
前橋市千代田町二丁目1-1<地図>
スポンサーサイト

コメント

さらにハムカツ丼

>kimcafeさん
きっとハムカツ丼、待っていてくれますよ~。
でもお店のご夫婦が結構年配なので、なるべく早めにご訪問なさることをお勧めしマース。

決まってます!

ハムカツ丼ひとつ!
私が行くまでそのまま待ってて欲しいです(^^ゞ

ハムカツ丼

>弟子さん
ハムカツ丼、食べてきましたよ~。カツをたれ(やや甘め)にくぐらせてごはんに載せているため、衣のサクサク感はないですが、おいしいです(^^)。今回は写真撮らなかったので紹介できませんでしたが、また機会を改めて。しかし、お友だちのあだ名は変格活用の結果ついたなんて、なんだかすごいですね。

ハムかつ丼

お店メニューでうまれて初めて目にしました。汁付っていうのもなかせます。 自分の中学のクラスメートの「シル、ジル、タラ、チル」と変格活用したニックネームを持つK君をおもいだしました。余談ですが、『金谷レース』のRお嬢様とはジルくんも自分も9年間同じ学び舎で成長しました。

おかみさんもあったかい

>カークさん
ぜひぜひ群馬においで下さい。
ここは銀髪のおかみさんがとても親切で、そういう意味でもあったかいです。
ちなみに暖房器具はファンヒーターではなく、石油ストーブであるところもまたよいです。
しかし、なぜ鴨鍋(笑)

あったかそうだな~

行ってみたいところです、のれんの斜めに書かれた「ゑびす」も良いですね。
なぜか急に鴨鍋が食べたくなってきました。

好いでしょ~

>neonさん
気に入っていただけました?
そうなんですよ、本当にすごくすごく好いのですよ。
入り口側から見た店内の様子も素晴らしいのです。店の一番奥(といっても狭い店ですが)の私が座ったところはちょうど別室風の造りになっていて、微妙に隠れ家チックでした。
萩原朔太郎、というとまずは敷島公園かな。生家が園内に移築されて記念館になっています。
http://www12.wind.ne.jp/mcvb/spot/01shikisima.htm

なんか好い雰囲気

外観も内装も、なんかとっても好いですね~。こういうところ大好きです。行ってみたいなあ。前橋は萩原朔太郎がらみで、いつかは訪ねたい町です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syouwa.blog54.fc2.com/tb.php/154-55dacdaa

前橋のゑびす食堂で完璧なハムカツ丼

歳はとりましても青春真っ盛りのkimcafe、昨年はインチキな青春150切符でしたが、ついに本物の青春18キップを買いましたぞ!(^^ゞ そして出かけたのは、銀ねずみさんが「昭和のレトロ食堂」でザ・レトロ食堂に認定した前橋の「ゑびす食堂」です おお、これは期待通...

 | トップに戻る | 

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。