昭和のレトロ食堂

壁に張られた手書きのメニューに簡素なテーブルといす。温かい接客と開店以来、変わらぬ味。チェーン店全盛の時代にあって、人のぬくもりが感じられた昭和の雰囲気を伝える素敵な食堂たちを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金釜が復活

金釜復活1
2008年の6月末に惜しまれながら閉店した金釜が何と、22日から復活しました。とても驚きました。ここがなくなってしまったのはショックだったのですが、まさか営業を再開してくれる日が来るなんて…。本当にうれしいです。
拙ブログに再開の一報をまる様と「関係者」様より頂き、夜のみの営業から昼のみに変わったとのことで、雨の中、初日に馳せ参じました。

金釜復活2
メニューは釜飯から海老と玉子が姿を消したものの、看板メニューの盛り込み、鶏一口揚げ、茶碗蒸しは健在。この三つさえ揃っていれば、管理人はもう何も言うことはありません。どれも閉店前と変わらずおいしく、感激いたしました。情報をお寄せくださったお二方には本当に感謝申し上げます。

営業時間は午前11時半から午後2時半まで。末長く続いてほしいです。木曜日が定休日です。

昭和のレトロ食堂も、本日より再開いたします。


続きを読む »

スポンサーサイト

新雅支店が閉店

新雅支店閉店

赤い可愛いのれんが特徴的だった小さなレトロ食堂、新雅支店が閉店しました。店の中のテーブルや椅子などの調度品はすべて片づけられ、がらんどうになっています。営業が再開することはもうないでしょう。残念です。

赤城食堂が閉店

赤城食堂閉店1

帯ラーメンが名物で、卵カツ丼も秀逸だった赤城食堂が閉店しました。

赤城食堂閉店2

閉店を告げる手書きの貼り紙がひっそりと張られていて、寂しいです。
尚、帯ラーメンは地元のいくつかのラーメン店でも取り扱っていて、食べることができます。

金釜が閉店

金釜閉店1

金釜が6月30日を以って閉店しました。味がよいのはもちろんのこと、このように個性豊かな名店がまたも姿を消すことは、本当に残念で仕方がありません。ですが、これが地域の実情です。

金釜閉店4

せめて最後に味わっておきたいと、仲間とともに足を運びました。注文したのはいつも通り、金釜の基本である「盛り込み」と「鶏の一口揚げ」、それに「茶碗蒸し」。どれも、いつも通りにおいしかった。この味は金釜ならではの味。出せそうで、出せません。いつまでも、記憶に刻みつけておきます。材料高の影響からか、かに釜飯はメニューから姿を消していましたが、最後まで500円でお釣りがくる値段でした。良心的な価格でずっと営業なさっていました。

金釜閉店2

閉店を惜しんで、ものすごい数の人たちが連日行列をつくっています。この店がどれほど愛されていたかを如実に示しています。おいしい釜飯とお料理を何十年にもわたって地域で提供して下さり、本当にありがとうございました。

一二屋

一二屋

本町通りを梅田町に向かうと、右手に現れる食堂です。
店名もシンプルなら、のれんは輪を掛けてシンプル。食堂ののれんは普通、店の名前が書いてあるものですが、ここのはまっさら。飾らないところがかえって斬新で、なかなかいい感じです。

メニューは一般的な中華食堂のそれ。特筆すべきものはないのですが、チャーハン500円など良心的な価格設定がうれしい、地域に根差したお店です。

一二屋
桐生市梅田町一丁目576-3<地図>

 | トップに戻る |  »次のページ

分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

銀ねずみ

銀ねずみ


ようこそおいで下さいました。
管理人の銀ねずみです。
ここではタイトルに掲げた「昭和レトロ食堂」
を中心に、戦後の経済成長の波にもまれながら
も昔のままの姿をとどめる建物やまち並みも
紹介します。私の住む群馬県桐生市は織物の
街として栄え、戦災も免れたため、ノコギリ
屋根工場(製織のため、天井に採光窓を持つ
個性的な外観の工場)をはじめとする近代化
遺産が数多くあります。ここでは桐生に軸足
を置きつつ、各地のレトロを取り上げます。
戦前に製造されたウランガラスなど、趣味の
ことも記していきます。

画像や文章の流用は固くお断りします。